「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァン・ヘイレン

<<   作成日時 : 2005/09/27 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

1978年にデビューしたヴァン・ヘイレン。何よりも、リード・ギタリスト、エドワード・ヴァン・ヘイレンのライトハンド奏法で、当時のギター小僧を思いっきり夢中にさせた。ロック小僧であり、ギターやベースをい弾いていた私も、もちろん「スッゲェ〜!」となった。

Queenのブライアン・メイは、エドワード・ヴァン・ヘイレンをかなり気にいっていて、ソロアルバムを作成した時に共演している。当時は、エディのギターのほうがカッコイイ、ブライアンは負けてる…なんて批評が目立ってたんだけど、それはギタリストとしてのスタイルや、バンドに対する価値観などいろいろあるから、一概にはねぇ〜^^ゞ

でも、ヴァン・ヘイレンのギターの魅力は本物^^v引いてる時は、お気に入りのおもちゃで遊ぶ幼い子供のような笑顔を満面に浮かべ、ギタリスト=癇癪持ちの変人って図式を打ち破ってくれました。
もともと、ヴァン・ヘイレンは、エドワードとアレックス(ドラム)の兄弟の名前がカッコイ〜からってコトでバンド名にしたらしい。キンクスの「ユー・リアリー・ガット・ミー」をカヴァーしてデビュー^^デイビット・リー・ロスのセクシー(笑)なヴォーカルもあって、人気ハードロックバンドとなった。

んで、6枚目のアルバムが「1984」。でも発表は、1983年ね^^アルバムジャケットが、当時洒落の分らないヤツに結構問題視されたような記憶が…天子の羽を背中につけた赤ん坊が、タバコを持っているヤツね(笑)
アルバム収録曲「ジャンプ」"Jump"が、5週連続全米第1位を獲得。人気&実力を兼ね備えた文字通りナンバーワンバンドになっていった。

この、「ジャンプ」って曲が最高にいい^^v私の携帯の着信メロディーに、機種を変更しても必ず入れている中の1曲でもある。イントロのキーボードを聞くと、「お〜し、今日もがんばるべ〜!」と静かに気合が注ぎ込まれ、サビの部分では思わず「ジャンプ」と叫びながら飛び上がりたくなる軽快な曲。
「パナマ」もライブ感溢れるノリノリの曲。確か、この曲ではデイブ・リー・ロスが演奏してるんだよね…担当している楽器は…ドライヤー(笑)
「ホット・フォー・ティーチャー」は、アホアホなプロモーション・ビデオに笑いつつ、エディのギターを堪能。

さぁがんばろう!ってときの気合入れにとってもよく合う「1984」。もちろん、ドライブにもうってつけ。音楽を聴いて前向きな自分を取り戻そうと思うなら、今すぐ「ジャンプ」!(笑)
1984
1984

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VAN HALEN / 1984 (ヴァン・ヘイレン/1984)
かわいい天使がタバコを・・・というジャケットも話題になりましたね *ジャケットをクリックしていただけますとAMZONのサイトにて全曲試聴ができます。 ...続きを見る
Wood Eight Cafe
2006/11/09 18:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大好きです。ヴァン・ヘイレンもクイーンも。1984、バランス、5150はお気に入りです。クイーンは華麗なるレース、ザ・ミラクル、ジャズが好き。
ブライアンとエディか・・・かっこよさで言ったらエディに軍配があがり、表現力で言ったらブライアンです。
はじめまして
2006/01/10 02:05
初めまして&ども^^です。
私のQueenファン暦は、華麗なるレースから始まりました^^
ブライアンとエディ…それぞれのバンドにおけるギタリストは他にはいない!って思います。スタイルは違うんだけど、ギターがすきなんだろうなぁって実感できますよね^^
どうぞ、またお越しください&気軽にコメントよろしく^^
shige
2006/01/10 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァン・ヘイレン 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる