「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕の唄は君の唄:エルトン・ジョン

<<   作成日時 : 2005/11/24 14:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

音楽界には天才と呼ばれるミュージシャンがいます。エルトン・ジョンもその一人に数えて良いと思います。最近は音楽ではなく、彼自身の信条(?)による結婚のために世間をにぎわせているようですが^^ゞ

 エルトン・ジョンの曲では、"Your Song"は必ず出てきますよね^^セカンド・シングルなんですが、一生記憶に残される曲をデビュー早々にこの世に出したエルトン・ジョン。更にそれ以後のチャートを賑わせた楽曲の数々から、エルトン・ジョンのメロディ・メーカーとしての天才ぶりは理解できるところです。そういえば、"Your Song"は日本のテレビドラマの主題歌にもなってたなぁ…

 UKの元皇太子妃の葬儀の時に歌った"Candle in the Wind"も忘れられません。原曲は彼自身がマリリン・モンローに捧げた曲で、胸を締め付けるような寂しさ・悲しさがダイレクトに伝わってきます。
 これらの曲はリアルタイムで聞いたのではなく^^ゞ学生時代の先輩にエルトン・ジョンを教えていただきました。当時は"Sad Song"が、流行っていたっけなぁ…その頃のイメージは、アヒルの着包みきて、へんなサングラスかけて演奏する、おもろいおっさんって感じでしたが、先輩にこれらの曲を教えられてエルトン・ジョンの見方が変わりました。

 「愛する」ということに、また「愛される」ということに、常に真剣に向き合っていたのでしょう。自分の「愛」の形が、当時では一般に認められない形であったこともあり、ステージでは奇抜な衣装やパフォーマンスに転化したのかもしれません。。。いや、あれが彼の趣味だよってことかもしれませんが(笑)
 ところで、冒頭でも言いましたが、エルトン・ジョンは同性愛者として、同性愛の相手との結婚で世間を賑わせていましたが、結末はどうなったのでしょうか?
ベリー・ベスト・オブ・エルトン・ジョン
ベリー・ベスト・オブ・エルトン・ジョン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「僕の唄は君の唄:エルトン・ジョン」について
「僕の唄は君の唄:エルトン・ジョン」について  リアルタイムではなく後年になってから購入したものですがシングルレコードが実家にあります。この曲、メロディも歌声もとてもよいのですがエルトンの相棒、バーニー・トウピンの歌詞にもぐっとくるものがありますね。  「貴方の瞳の色が緑だったか青色だったか忘れてしまいました。いずれにしても私が(この曲で)伝えたいのはあなたの瞳が最も優しい眼差しであったということです」(大体こんな感じだったと思います)といった一節があって歌詞カードを眺めながらいたく感... ...続きを見る
不思議の音楽館
2005/11/30 00:49
エルトン・ジョンの『エルトン・ジョン』
洋楽ファンの中でエルトン・ジョンの「Your song(僕の歌は君の歌)」を知らない人は多くはないだろう。今日は、この「ユア・ソング」が入っているエルトン・ジョンのセカンド・アルバムのご紹介。邦題は『僕の歌は君の歌』とも呼ばれるが、原題は『Elton John』だ。 ←日本.. ...続きを見る
Muse on Music.
2006/08/21 13:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ジョンさんは、晴れてウエディングドレスを着れたみたいですね。
 画像で見ると微妙な似合い方でしたが(笑)。
 ひいは、邦題「ブルースはお好き?」がお気にです。
 色々世間を騒がせてもいますが、確かにアーティスト。
 今後の益々の活躍に期待出来そう♪
ひい
2006/01/16 00:03
はじめまして&コメントども^^です。
確かにウェディング・ドレス姿はなんとも^^ゞコメントしづらいですね^^
私生活が彼にとって最高の形(?)でケリをつけた今、今後のアーティストとしての活躍を私も期待しています^^
shige
2006/01/16 11:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
僕の唄は君の唄:エルトン・ジョン 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる