「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴォイシズ:チープ・トリック

<<   作成日時 : 2005/11/25 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

シンプルなバンド構成からとっても親しみやすいメロディーを奏で、それでいてハード・ロックな味もタップリのチープトリックは、現在も活動中(だと思う^^ゞ)。

ヴォーカルのロビン・ザンダーのハスキーなハイトーン・ボーカルとルックスのよさで、日本から火がついたんじゃなかったっけ?んでもって日本でのライブを収録した「チープ・トリック・アット・武道館」で、全米で認知…たしか武道館自体もこのアルバムで認知されたような気がする…

メンバーは中々おもしろい(笑)。ギターのリック・ニールセンのトレード・マークはキャップ(野球帽?)。演奏中は、ピックをヒョイと放ってはキャッチを繰り返しています。んでもって、ネックが5本もあるギターを抱えて演奏したりする…ギャグじゃないんだわぁ^^ゞ
ドラムスのバーニー・カルロスのトレードマークはくわえタバコ^^ゞ。んでもって、やたら長くて太いスティックを使った演奏なども披露していましたっけ。
ベースのトム・ピーターソンは、見た目最もロック・ミュージシャンしてる。んでもって、使用するベースは12弦ベース。。。。やれやれ?もちろん、普通の楽器でしっかり演奏してますけどね(笑)

私は特に初期によく聞いてました。「甘い罠」や「サレンダー」、「ドリーム・ポリス」などのポップな曲もいいけど、一番のお気に入りは「ヴォイシズ」。アルバム”ドリーム・ポリス”に収められた、メッチャストレートなバラードです。歌詞もメロディーもシンプルですがそれだからこそず〜っと記憶に残る曲と言えます。気が付いたら後半のリフレインでは、一緒に歌っている自分に気付くはず^^v

チープ・トリックは、途中でトムが脱退したり、レコード会社との契約でもめたりして、売れてるときと売れてないときの波が非常に大きい中、基本的にはライブ中心の活動で息の長い活動をしている。全米でブレイクしたきっかけとなったのがライブ・アルバムだったことは、ライブ・バンドとしての彼らにとって、当然のコトだったのかもしれない。

元気が出るロック、何も考える必要の無い楽しくなるロックも時には必要ですよね。そんなときは、まず彼らの曲を聞いてみましょう^^
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Cheap Trick At Budokan/CHEAP TRICK (チープ・トリック)
[試聴] Cheap Trick At Budokan: The Complete Concert ...続きを見る
OOH LA LA - my favor...
2005/12/04 12:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴォイシズ:チープ・トリック 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる