「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「War(闘)」:U2

<<   作成日時 : 2006/01/05 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006年、新年明けましておめでとうございます。今年もShigelandをよろしく願いします。
んで、新年にふさわしい洋楽ってなんだろう???って考えつつ、たどり着いたのがU2です^^ゞ単純に曲名にひかれて来たってバレバレですか?^^ゞ

U2はアイルランドの出身…ブリティッシュ・ロックという括りではダメなんでしょうね…、ヴォーカルのボノ、ギターのエッジ、ベースのアダム・クレイトン、ドラムのラリー・マレン・ジュニアの4人組。1987年に発表した「ヨシュア・トリー」がグラミー賞を受賞、それ以後の世界的な活躍は周知の通りですが、曲の内容が政治的信条に満ちている曲も多く、一時はついていけない?ファンもいたとか…でも、最近はまたものすごい活躍ぶりで、昨年はライブ8というビッグ・イベントも成功させました。

私は実は「ヨシュア・トリー」でU2から離れてった変なヤツなんですよ^^ゞ…初期の尖がった感ビンビンのU2が好きで、良く聞いていました。お気に入りのアルバムが「War(闘)」です。

まず「ブラディ・サンディ」がいい^^v…ドラムのソロから始まって、ギターのアルペジオな演奏に乗って入ってくるボノの声が、尖がり感丸出し^^。ギターのソロ・パートも、派手なテクニックで聴かせる!って言うより、1音1音叩き込んでくるって感じ。サビの繰り返しで重なるコーラスも、歌ってるというよりは叫んでるって感じでしょうか(笑)

んでもって「ニュー・イヤーズ・ディ」がとびっきりの二重丸ソング。出だしのベースとピアノのイントロがたまらなくカッコイイですよね。んでこの曲のギター・ソロは、悲鳴にも似たメロディアスな演奏。ハイ・トーンで叫ぶように、あるときは語るように、言葉を大切に訴えかけるボノのヴォーカルには、確かにシンプルで、それでいて感情をかき回すような演奏が良く似合う…

「ヨシュア・トリー」はもちろんグラミー賞をとった当時もいいアルバムだと思ってましたよ^^でも、私にとってU2は、私自身の尖がりの象徴のようなバンド(ってまぁ、勝手に思っていたのですが^^ゞ)。ライブ・アルバム(ブラッド・レッド・スカイ=4騎=」を残して、去っていったのでした…
WAR(闘)
WAR(闘)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「洋楽と美味しい水」のshigeland
そのものズバリなタイトルの通り、洋楽の解説とミネラルウォーターの飲み比べというふたつが中心になっているブログです。一見不思議な組み合わせですが、ジャズの名曲にも「おいしい水」なんて曲がありますし、意外と近いものなのかもしれません(?) ...続きを見る
おすすめblog
2006/01/13 15:17
New Year's Day
あけましておめでとうございます。  新年一発目だからU2のあの曲のセレクションか ...続きを見る
「小林克也のRadioBaka」  期限...
2006/04/30 19:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも、いつぞやヴァン・ヘイレンの記事でコメントしたもので〜す。
U2はやっぱり渋い系の曲をつくっていたときのほうが好きですねえ〜
ボーイ〜Warあたりが個人的には絶頂期。
ニュー・イヤーズ・デイは有名曲ですよね。あのギターが渋い!!
ベーカー
2006/02/10 21:59
どもども^^ゞ&お久しぶりです。あのときのお名前ははじめましてさんになってましたよね?(笑)

ですよねぇ〜^^あのギターは本当にたまりません。U2は今年のグラミー賞も大活躍だったみたいですが…あの頃のU2なんですよ、私は
shige
2006/02/12 01:02
名前・・・そうでしたね(笑)
ザ・リフジーはXTCのブラック・シーを彷彿とさせるはじけ具合。
どっちが最初なんでしょう?
これからもブログがんばってください!
ベーカー
2006/02/12 20:24
おぉ〜XTC^^って反応してしまう自分に(笑)

応援どうもです^^
shige
2006/02/13 11:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
「War(闘)」:U2 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる