「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「展覧会の絵」:エマーソン・レイク&パーマー

<<   作成日時 : 2006/01/29 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

Queenのアルバムを除いて、私がコレまでで一番繰り返し聴いたアルバムは、「展覧会の絵」かもしれない。エマーソン・レイク&パーマーといえば、「タルカス」!って普通は言うのだろうケド、私は恥ずかしながら今まで聴いたことがない。この「展覧会の絵」の衝撃に打ちのめされ、思いっきり気にいており、これ以外のEL&Pに触手が動かないのです。

原曲ムソルグスキーの「展覧会の絵」という曲を知ったのは…っていうか、曲のタイトルを知ったのは^^ゞ…うしろの百太郎だったか、恐怖新聞だったか^^ゞ。ピアノの呪い見たいな話で、そりゃ〜恐ろしい話でした(笑)。なもんで、曲を聴く前は、くら〜い(失礼^^ゞ)、とてつもなく悪いイメージをもっていたんですよね^^ゞ。

んで、ある日新聞のテレビ番組欄を見ていたとき、NHK-FMの午後のクラッシックとか言う感じの番組のトコロに、「展覧会の絵」ってタイトルを見つけて、聴いてみました。…ピアノ組曲ではなく、オーケストラ・バージョンだったのですが、コレがクラッシックのお気に入りナンバー1に輝きました(笑)
そんな頃に、EL&Pの「展覧会の絵」に出合ったのです。

まず、なんと言っても驚くのは、このアルバムがライブ・アルバムなこと!ここで演奏されているのが、生演奏である!なんの技術的処理をしてないってコトにマジで驚きます。
忠実にムソルグスキーの展覧会の絵を再現しているパートはもちろん、オリジナルの楽曲のパートなど、彼らがいかにこの原曲を消化し、EL&Pの曲として昇華させてるのかがわかります。アンコールのナットロッカーはお遊び的オマケですけど(笑)

もともと、テクニックの面ではぬきんでた評価を得ていた3人の、個々の実力が光るだけでなく、3人の力が合わさった時に爆発的に増量されるバンドとしての力がいかんなく発揮されています。私はこのバンドをきっかけにプログレッシブ・ロックも偏見なく聞くようになりました。キング・クリムゾンも、ピンク・フロイドも「展覧会の絵」と出会う前に聴いていたら、1聴しただけで通り過ぎてしまったこととおもいます。

学生の頃は、勉強(あんまし熱心に取り組んだ覚えはないが^^ゞ)で疲れたときや、読書(こっちは結構熱心に取り組んだんですよ、マジで)の時、社会人になってからは、休みの時の午前中などに、このアルバムをいつもかけ流していました。のどかな休日のBGMとしてはどうか?と思いますが、クラッシックとロックとの融合の最高傑作は、今でも色あせることなく私の心を癒してくれるのです。

展覧会の絵(K2HD紙ジャケット仕様)
展覧会の絵(K2HD紙ジャケット仕様)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1/27のプログレ記事が評判良かった(訪問者等々)ので今日はお勧めプログレCD紹介なのだ って話
[1/27に書いたプログレ記事]  が評判上々なようなので今日はオイラのお勧めプログレCDのご紹介。   今日は・・・・・ ...続きを見る
TVアンテナ屋ではたらく営業技術課長のb...
2006/02/04 16:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Queenは ほんと 毎日聴いていたので 今は ほとんど 聴かなくなりました。「展覧会の絵」は よかったですね。 昔の LPジャケットは ほんと凝ってましたね。ELPといい クリムゾンといい ピンクフロイドの 「原子心母」どれも ジャケットにインパクトありますね〜
和登さん
2006/01/29 20:34
それはいけません(笑)。今からでも遅くはありませんから、ぜひQueenの曲を、毎日のように聞く日々を復活させましょう^^v
あ…コレからだそうそと思っていたバンド名やアルバム名が…暫く間をおいて登場させよう〜っと(なんて^^ゞ)
また、来てもらえるようにこれからもがんばりますので、よろしくお願いします(ペコ)m(__)m(リン)
shige
2006/02/01 10:57
僕のタルカスよりこっちの方が好きですね。
プログレにはまったのもエマーソンからだから、思い入れも深いですし。
べーカー
2006/02/26 18:53
ライブ・アルバムってトコが、私にはものすごい衝撃でした^^
プログレって中途半端にははまれないところがあって、これから書いて行くのがチョット怖いのですが(笑)…時期に我慢できなくなると思いますので、その時はまたコメントをくださいね^^v
shige
2006/02/27 09:37
はじめまして。shigeさんのブログ、初めて拝見しました。興味深い記事が多く今度ゆっくり拝見させていただきます。
俺も「ロック奏者によるクラシック」というところで、ELPについて少し書きました。「展覧会の絵」良いですね。ムソルグスキーの友人のハルトマン(?)の絵を題材にこの曲を作ったそうですが、この絵が掲載されている本を、一度だけ図書館で見たことがあります。
波人
2006/08/24 22:26
ようこそ^^波人さん、よろしくお願いします(ペコ)m(__)m(リン)
好き嫌いを超えて、本当に良いモノは評価されるって思うんです。このアルバムなどはその典型的な1枚だと思っています^^
shige
2006/08/25 07:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
「展覧会の絵」:エマーソン・レイク&パーマー 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる