「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS レッド・ツェッペリンW:レッド・ツェッペリン

<<   作成日時 : 2006/02/20 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

物凄く感動したり、衝撃を受けたアーティストと出会ったとき、私は2パターンの行動をとるらしい…って自分のことですが^^ゞ。1つは、そのアーティストに嵌って過去に遡ってすべてのアルバムを一通り収集し、聞きまくる…たとえばQueenであり、デビッド・ボウイもそのパターンです。そしてもう1つのパターンは、あまりの感動に他のアルバムを聞くのを拒否してしまう・・・E・L&Pがそうであり、そしてこのレッド・ツェッペリンもそのパターン。

もちろん購入のきっかけは「天国への階段」。コレまで様々な洋楽を聴いてきた(もちろんすべてではない^^ゞ)私だが、1曲の完成度としては史上最強!(?)な曲の1つと思っています。アコースティック・ギターのアルペジオで始まり、押さえ気味のロバート・プラントの声がメチャクチャ切ない。やがて転調し、エレキ・ギターのソロが流れる中クライマックスへと駆け上り、ハイ・トーン・ヴォーカルも叫び声ににた響きに…そして、最後はまた抑えたような声で終りを告げる…言葉で説明するなんて不可能ジャンってな名曲中の名曲。この曲が聞きたくてこのアルバムを手にしたのですが、アルバム・タイトルが分らない^^ゞ当時から、ツェッペリン・フォー(W)と呼んでました。

んで、このアルバムも「天国への階段」いたるまでは、私のツボに嵌る曲がいっぱい。
まずは「ブラック・ドック」。ロバート・プラントの声で始まり、1フレーズ歌うとスッゲー重たい演奏が後を追いかけてくる。「天国への階段」のイメージで入ったものにはこの曲でいきなりのカウンター状態。
そして「ロックン・ロール」。曲のタイトルがシンプルなら、曲自体もいい感じのシンプルさ^^。ドラムすで始まる曲の中では1番カッコイイ曲って思ってます。スピーディに流れるヴォーカルに軽快なジミー・ペイジのリフ、そしてジョン・ボーナムのタイトかつ重々しいドラムス。
極めつけはもちろん「天国への階段」なのですが、その前に流れてくる「限りなき戦い」も◎。前の2曲とは全然違う、アコースティックでちょっとフォークっぽい雰囲気を持った曲なのですが、聞き終えた後の寂しさというか切なさというかが、いつまでも残ってしまいました。

ただ「天国への階段」のあとの曲は、ちょっと…「ミスティ・マウンテン・ホップ」や「カリフォルニア」あたりは、う〜ん、って感じでした。最後の締めの「レヴィー・ブレイク」に嵌れば、私もツェッペリン命になったのかもしれませんが^^ゞ…「天国への階段」でツェッペリンを初体験した私にとっての限界だったてことでしょうね。ツェッペリン・ファンの方々、ごめんなさい(ペコ)m(__)m(リン)

この1枚だけのファンな私は、ツェッペリンについてあれこれ語れないのですが、70年代の名曲中の名曲を聞き逃している場合、このアルバムは洋楽を語る上で絶対聞いておかなければならない1枚だと断言しちゃいます。

Led Zeppelin IV
Led Zeppelin 4: Zoso

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
無名の名盤、レッド・ツェッペリン IV
今日はとうとうレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の紹介です。レッド・ツェッペリンというと元祖ハード・ロックとか元祖ヘヴィー・メタルとかいろいろ言われますが、僕の中ではツェッペリンは数あるハードロック・バンド、メタル・バンドとは全然違うものです。彼らの音.. ...続きを見る
Muse on Music.
2006/02/20 20:51
ロバート・プラント
NO.00605 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2006/12/18 01:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜。「あまりの感動に他のアルバムを聞くのを拒否」・・・うーん、僕はこういうのはあまりありませんねぇ。ものすごくよかったので別のアルバムを聞いたらガッカリした・・・というのはときどきありますが。ツェッペリンの作品の中でも、ツェッペリン4はちょっと雰囲気が異なるかもしれません。
muse
2006/02/20 20:55
「天国への階段」は、本当に名曲ですよね!!
ジミー・ペイジの16弦ギター、的確なタイミングで入るボンゾのドラム、ロバート・プラントのヴォーカル。
静からラストの動への展開。
全てが素晴らしいですよね。
僕はカラオケでもたまに歌いますよ。

後、このアルバムで忘れてはいけないのは「ロックン・ロール」
ハード・ロックの金字塔ですよね。
数年前には、ロバート・プラントがライブで歌って音程外しまくりでヒンシュクをかいましたが。
紅蓮
2006/02/20 22:12
to be a rock and not your own
名言として有名ですよね〜
クイーンのボヘミアンとならんで好きです「天国への階段」は
べーカー
2006/02/20 22:32
MUSEさん、コメントありがとうございます。
そうですね、もしかしたら別のアルバムでがっかりしたってことがトラウマになっているのかもしれません。
紅蓮さん、天国への階段をカラオケで…オリジナルのキーで歌うのでしょうか?…そしてロックン・ロールはもちろん忘れてはいけませんね(笑)
そして、私も同感ですベーカーさん。曲の構成、オリジナリティ、ヴォーカル&各パートの演奏、どれをとっても1曲の完成度としてボヘミアン・ラプソディと並ぶ名曲だと思います^^v
shige
2006/02/20 23:29
shigeさん 今晩は(~o~)あれから Jガイルズ結構 聴いてます。
ツエッペリンは 一番よく聴いてる バンドで 血肉になってるくらいですよ。 「天国の階段」は このアルバムの中で 一番ですよね。あと
フィジカルグラフィティの 「カシミール」も 大好きですね(^^♪
和登さん
2006/02/21 21:47
あとミスティ・マウンテン・ホップのリズムとドラムが最高です!!これ聞いてはまりはじめましたもん。
ジャカジャーン、ジャカジャーン、ジャカジャンジャンジャン
「天国への階段」のこの部分はいつ聞いてもいい!!
長い間奏が続いて、ロバート・プラントのシャウトが聞ける。
最高じゃないですか。なんで全米2位で終わったんだろう。
べーカー
2006/02/22 15:43
僕の声質が、ジョン・アンダーソン系のハイトーンなので、半分YESしてます。
しかし、ラストに一気にアップテンポになる部分で声がついていかなくなることが多くて、ここが課題です。

和登さん。カシミールもかなりいいですよね。
ベーカーさん。確かにミスティ・マウンテン・ホップのドラムは印象的ですよね。
紅蓮
2006/02/23 23:39
和登さん、お久しぶり^^このブログの話が元で、J・ガイルズを聞くようになったのなですか?マジ嬉しい話です。
皆さん、ツェッペリンは良く聞いているのですね^^ゞ私はコレっきり状態でしたが、皆さんの話を聞いてそろそろ封印をといて他のツェッペリンのアルバムに手を伸ばしてみようかと思いました。
shige
2006/02/27 09:34
はじめまして。僕は友達と趣味でバンドを組んでいますが、メンバー全員がZEPファンです。特に僕はドラム担当なんでボーナムの大ファンです。「天国への階段」名曲です。泣けてきます。
ボーナムの好きなドラム奏者
2006/06/17 17:45
初めまして、ボーナムの好きなドラム奏者さん^^
私も高校〜大学の頃、趣味でバンドをやってて、洋楽のコピーにひたすら励みました^^vツェッペリンはヴォーカル泣かせの曲ばっかで(笑)、コピーに苦労したっけ^^ゞ
皆さんはどんな曲を演奏ってるのでしょうか?オリジナルなのかなぁ?ゼヒまたコメントしてくださいね^^
shige
2006/06/19 08:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッド・ツェッペリンW:レッド・ツェッペリン 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる