「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シーズ・ソー・アンユージュアル」:シンディ・ローパー

<<   作成日時 : 2006/02/27 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

音楽の魅力っていっぱいありますが、聞いてて楽しくなってくる!ってのも、魅力の一つ^^v。そんな魅力がタップリのアーティストがシンディ・ローパーです。もちろん(?)今でも現役…美しさって面では、今のほうが数段グレードアップしたかも?^^ゞ

「シーズ・ソー・アンユージュアル」を出した頃のシンディを、随分トウのたった新人さんだなぁっ(あ、失礼^^ゞ)と思っていたのですが、このアルバムはソロとしてのデビュー・アルバムで、それまで色々苦労したようです。
んで、ようやく認められた(?)ってか、ヒットしたのがこのアルバムからのシングル「ガール・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」…ハイスクールはダンス・テリアって邦題が本人からクレーム入ったって話は本当なのでしょうか?…プロレスラーみたいなお父さんとのやり取りや、女の子たちが街中を踊りながらうねり歩くMTVがメッチャ楽曲にあってて楽しくって、ついついアルバムに手を伸ばしちゃいました(笑)んで、コレが大正解^^v。このアルバムには全米ヒット・チャートトップ10に入った曲が4曲も収録されているんですから、デビュー・アルバムがそのまんまベスト・ヒット曲収録アルバムみたいなもんですわ^^ゞ

実際、セカンド・シングル「タイム・アフター・タイム」は、チョット心にジンとくる軽めのバラード。この曲のMTVも結構お気に入りでした。んで、サード・シングル「シー・バップ」はビートが効いた激し目の曲。んで「オール・スルー・ザ・ナイト」はカバー曲で雰囲気もロマンティックなスロー・テンポな曲…まぁ、ツボを抑えてるというか何というか(笑)

私の個人的な趣味では、「マネー・チェンジズ・エブリシング」が1番ですね。アルバムの1曲目とういう位置もぴったしだし^^vカバー曲(オリジナルは誰でしたっけ?^^ゞ)とはいえ仕上がりはシンディにピッタシの曲になっているし、なんでもライブで最も盛り上がる曲の1つだとか…リマスター盤にはライブバージョンも収録されています^^v

音楽を聴いてて楽しくなる、そんなシンディの魅力はなんと言っても七色の声でしょう。赤ちゃん(見たいな声)から老婆まで、七色どころか無限に変化する不思議な声を武器に、オリジナル曲もカバー曲もすべて彼女の色に染めて、提供されます。そして曲を通じて彼女の笑顔が見えるんですよね。

その後の活躍を見ても、なんでこのアルバムまで彼女の才能が埋もれていたのでしょう?と当然の疑問を抱くのですが…成功は必ずしも才能や努力だけで勝ち取れるものではなく、運も必要なのだなぁと考えさせられました。

シーズ・ソー・アンユージュアル
シーズ・ソー・アンユージュアル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シーズ・ソー・アンユージュアル」:シンディ・ローパー 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる