「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Hot Space」:Queen

<<   作成日時 : 2006/03/16 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

1982年に発表された通算9枚目のオリジナルアルバム。シングルカットされたボディ・ランゲージとともに、かなりの不評をかってたような覚えが…特に日本では^^ゞ
もっとも、アルバムジャケットはフレディが製作したとのコトですが、雑誌のインタビューで原色を配したカラーリングにロジャーが文句を言ってましたね(笑)でも、メンバー自身はかなり自信をもってこのアルバムを発表したような感じでした。

ブラックミュージックとロックのQueen的な融合ってコトでしょうか、元々この手の音楽が大好きだったというジョン・ディーコンが活躍したのかな?ベースの音がいつもより活き活きと躍動感を感じる…気のせいですよね^^ゞ?

「ステイング・パワー」は、もろQueenな曲。でも、全体をディスコティックにアレンジし、ホーンセクションを大胆に取り入れ、コレまでのQueenからは想像できない仕上がりになっています。続く「ダンサー」と連続で、エネルギッシュなフレディのヴォーカルを堪能できます。
「バック・チャット」はジョンらしい軽快なノリの曲。途中のキメのギターはドキっとするくらい刺激的です。
「ボディ・ランゲージ」は、電子音のベースが流れる中、フレディのイヤらし過ぎる(笑)ヴォーカルがガッハッハな曲。ぜひ、プロモーション・ビデオをご覧くださいとしかいえない^^ゞ
「プット・アウト・ザ・ファイア」はブライアンによるQueen的なハード・ロック。このアルバムのそれまでの曲に比べ、演奏もシンプルでQueen流(?)のストレートなロックに仕上がっています。この曲に「ライフ・イズ・リアル」、「ラス・パラブラス・デ・アモール(愛の言葉)」の三曲は、コレまでのQueenな曲って感じですかね^^ゞ。「ライフ・イズ・リアル」はジョン・レノンに捧げたバラード。ちょっとタメ気味なフレディがサビの部分でいかにも歌い上げる!って感じに盛り上がってくるところなんか聞いてて鳥肌ものです^^v

んで、締めの曲が「アンダー・プレッシャー」。
なんてったって私の好きなQueenとデビッド・ボウイが同時に楽しめるという、めっちゃくちゃグレートな曲^^v。Queenが他のアーティストと共演した曲はコレが初めてなんですよ。わたし個人としても、初めてQueenの楽曲でシングル・レコードを購入したのがこの「アンダー・プレッシャー」です。
ジョンのボンボンボンボボボンボンって感じのベースから始まって、ブライアンのアルペジオな演奏が入り、フレディのスキャット、ロジャーがびしっと決めて…プレッシャー!でしょ、もう最高です。
ちなみにアルバム未収録曲なのですが、B面(笑)の「ソウル・ブラザー」も最高に好きでしたね。メンバー全員の肩の力が抜け切ったようなそれでいて切れのあるコーラスはなんともいえません。

イメージの確立したバンドが新しい分野に挑戦するときにって、想像するだけでもかなりの勇気がいるだろうコトは理解できます。一定の支持を得ている現在のスタイルをムリして変化させることはないんじゃないか?と考えてもいいと思います。
しかし、Queenのメンバーは、その時自分達が最高と思える楽曲を提供するのが自分達のファンに対する誠意だ!と考え、こういったスタイルのアルバムも自信をもって発表したんだろうなぁ。。。

ホット・スペース(紙ジャケット仕様)
ホット・スペース(紙ジャケット仕様)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Hot Space / Queen * 1982 Warner
...続きを見る
音系戯言
2006/05/27 03:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ベースの音がいつもより活き活きと躍動感を感じる…気のせいですよね^^ゞ?//私も少なからず思いました笑。ジョンが自分で作った曲の時はこれでもか!ってくらい目立ちますよね。3人が作った曲の時は凄くぴったりで的確なベースでしっかりサポートしてるけど、自分の曲のときは動きも激しい!ジョンのここが憎めなくて好きですw
アンダープレッシャー、フレディとボウイの声のハモリがいつもキレイだな〜って思います。初めてPVを見たときはビルの逆再生に衝撃受けまくりでした(白黒映画が出てきたり日本人っぽい通勤ラッシュの映像が出てきたりで凄いなぁ〜とあっけにとられました)
さっこ
2006/03/17 23:30
やっぱり?さっこさんもジョンのベース、そう感じましたか^^ゞよかったぁ〜(笑)
アンダー・プレッシャーのPVはそうでしたね^^。ちょっとQueenぽくなくって、ライブのロジャーとのデュエットも結構お気に入りです^^v
shige
2006/03/19 07:24
このアルバムのアクション・ディス・デイがお気に入りで〜す。
ロジャーの作曲した歌がいい味だしてますよねえ〜
コーリング・オール・ガールズも、ギターがかっこいいのと、ボーカルがパワフルで好きです。
ほんわかした雰囲気のクール・キャットも逸品。
ベーカー
2006/03/24 00:54
アクション・ディス・デイは、面白いリズムを用いて曲の雰囲気を変えているところがロジャーですよね。
クール・キャットで感じるフッと力を抜いたフレディも○です^^v
shige
2006/03/26 14:53
僕自身かなりファンク系が好きなので思い入れが深いです。エクストリームなんかとは違うけど、ファンク・メタルの要素が強いではないんでしょうか。マイケル・ジャクソンのスリラーと聞き比べて楽しんでます!!
このアルバムの発展したバージョンが「ザ・ミラクル」だと思います。
インヴィジブル・マン、ブレイク・スルー、レイン・マスト・フル、マイ
・ベイビ・ダズ・ミーなどは完璧にダンスチューンです!!
ベーカー
2006/04/02 02:06
確かにそのとおりですね、ベーカーさん^^ミラクルが、英語圏ではなくヨーロッパで大ヒットしたってのも、すっごく分ります。洗練されたダンサンブルな曲がずら〜りですから(笑)
スリラ〜との聞き比べは以外でしたが、今度自分でも試して見ますね
shige
2006/04/05 09:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Hot Space」:Queen 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる