「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エスケイプ」:ジャーニー

<<   作成日時 : 2006/04/24 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ニール・ショーンとグレッグ・ローリーが中心となって結成されたバンドがジャーニー…当初は玄人好みというんでしょうか、派手さのないインスト系のバンドって感じでしたが、77年にヴォーカルとしてスティーブ・ペリーが加入し、ヴォーカルが中心の楽曲がバンドの顔に変わり、スタイルが一辺(笑)、レコード売り上げも一辺(爆)、当時言われた「産業ロック」の雄と呼ばれました。

私的にはこの「産業ロック」という表現を悪意的に用いているつもりはない(…当時そう呼ばれたってことのみで使用しているということです…)が、中には商業主義ロックとか、産業ロックという言葉を見て、その音楽を1段低く見てしまうひとがいるかもしれません。なので、一応この注意を入れておきます。ロックやポップスに上も下もありません!。評価や判断は、個人の好みでOK!

私がジャーニーを聞くようになったのは「インフィニティ」に収録されている「ホイール・イン・ザ・スカイ」から…それまでのジャーニーは…言えない^^ゞ
で、「(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ- 、これいいジャン」って思ったのが「ディパーチャー」に収録されている「お気に召すまま」…思いっきりミーハー的にジャーニーと遭遇したのでした^^ゞ…

んで、私にとってのジャーニーこの1枚!って言われると「エスケイプ」になります。
このアルバムからキーボードがジョナサン・ケインに交替し、ジャーニーの音楽が完成された感じです。ジャーニーのオリジナル・アルバムで、全米チャート第1位を獲得したのも、このアルバムだけだったと思います。

収録曲を幾つか紹介すると、まずは日本での知名度bP(だと思われる)「オープン・アームズ」。ピアノのゆったりとしたイントロから始まる壮大なスケールのバラード。休日の夕暮れに、さぁ〜て、明日もがんばるかってな感じで一日を締める準備中のBGMに最高って感じの曲^^
ヴォーカル力を実感させる「クライング・ナウ」は、ピアノの演奏はもちろんだけど、実はギター・ソロがとっても印象に残る曲。ニール・ショーンのギターは、泣かせるフレーズも、激しいフレーズも聞き応え有り!
そして私の1番のお気に入りは「ドント・ストップ・ビリーヴィン」。アルバムのオープニング曲なのですが、ピアノ・ヴォーカル・ギターの3つがそれぞれを引き立てるように絡んだ、ジャーニーの魅力を一つに纏めた曲だと思います。

このあとの「フロンティアーズ」も、そして収録曲の「セパレート・ウェイズ」や「時への誓い」なども大ヒットしたんだけど…だんだんスティーブ・ペリーのヴォーカルが暑苦しく感じてきちゃって(ジャーニーファン及びスティーブ・ペリーファンの方々、本当にゴメンナサイ^^ゞ)、私は結局「エスケイプ」でジャーニーは打ち止めしちゃったんですが…

今でもドライブのお供にしているお気に入り曲を集めたテープ(ってところがチョット情けないが^^ゞ…)には、「お気に召すまま」と「ドント・ストップ・ビリーヴィン」は入ってます。

エスケイプ
エスケイプ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはー。わたしもジャーニー初体験は「お気に召すまま」でしたよ。ただ、最初に聴いたのは「ディパーチャー」のヴァージョンではなく「ライヴ・エナジー」からのライヴ・ヴァージョンでした。ですから感想は「おお、凄い盛り上がり↑」でしたねえ。
 「エスケイプ」はわたしもよく聴きます。一押しはやっぱり「クライング・ナウ」でしょうか。あの宇宙空間へ広がってゆきそうな二−ル・ショーンのギターは最高です。実際に宇宙は真空なので音は響かないと思いますが・・・。
 泣きのギターを弾かせたらニール・ショーンの右に出る人はいな・・・くはないか・・。カルロス・サンタナとゲイリー・ムーアぐらいでしょ(いることはいますね。うん)
不思議の音楽館
2006/05/05 01:15
こんにちは^^
ウンウン、泣きのギターでニール・ショーンの右に出るのは…って言われたら、私もサンタナって言っちゃいます(笑)。
shige
2006/05/05 17:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
「エスケイプ」:ジャーニー 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる