「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オペラ座の夜」:Queen

<<   作成日時 : 2006/04/26 10:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

私にとってQueenというバンドは特別な存在です。だからQueenのアルバムを語るとき、ついつい力が入りすぎてしまうと思いますが(笑)、その辺は平にご容赦くださいマセ^^ゞってんで、今回は遂に「オペラ座の夜」の紹介です。

1975年に発表された、4枚目のオリジナルアルバム「オペラ座の夜」はロックの歴史の中で永遠に語られるに違いない名盤(いいのかぁ?そこまで言って)です。確か、発売当時、制作費が史上最高額だった…ってそんなことで歴史に残るんじゃないわ!(笑)
 
チョット古い話ですが、21世紀に残したい20世紀の名曲(だったような記憶があるのですが…B.B.Cでしたっけ?ローリング・ストーンズ誌でしたっけ?^^ゞ)ってアンケートで「ボヘミアン・ラプソディ」がビートルズを初めとする数々の名曲をを抑えて1位だったとか…曲の優劣を競った訳ではありません、念のため…ファンとしては非常に嬉しいニュースでした^^v

Queenのメンバーはアルバムを作る際に、事前にコンセプトを練るような事はしなかった(「QueenU」は除く)そうです。各自がそれぞれ楽曲のアイディアを持ち寄り、最終的に完成するまでの間にグループ全員がアイディアを出し合い、製作に入る前とは全く違った、そしてその時々にやりたかったことが高い完成度となって私たちの前に届けられる、それがQueenのアルバムなんです。しかしこのアルバムを聞くと、コンセプト・アルバムでないことが不思議と思われるくらい、戯曲のように起承転結の流れを持つアルバムとなっています。

まずは出だしの「デス・オン・トゥー・レッグス」から「アイム・イン・ラブ・ウィズ・マイ・カー」までの切れ目ない3曲。雰囲気も作り方も全く違う3曲がピタ!と嵌って、感心することしきり^^。特に「アイム・イン・ラブ・ウィズ・マイ・カー」はライブでも最高に盛り上がるロジャーの名曲。ロジャーの叫び声を超越したヴォーカルに背筋に電気がビリビリ〜。

「マイ・ベスト・フレンド」はジョンの初期の名曲。ホノボノ感山盛りテンコ盛りな曲です。この曲のビデオではキーボードを演奏するジョンの姿がチョビッと見ることが出来ます(笑)。
「’39」はブライアンの曲です。これがまた最高にいい雰囲気^^v。このアルバムに収録されているブライアンの曲(4曲+α)は、どれもいいんですよね。この曲はアコースティックでカントリーチックな曲なんですが、しっかりQueen入ってるところが○。続いてブライアンの「スウィート・レディ」。雰囲気ががらりと変わって、ブライアンのギターが聞かせどころって感じ^^。また、フレディの「シー・サイド・ランデヴー」はQueenのアルバムで必ず入る肩の力を抜いて楽しむ曲。

当時サイドB1曲目の「予言者の歌」も最高にいい感じ。Queen以外の誰がやるの?出来るの?という大作です。曲の途中のヴォーカルだけのリフは面白いし、エンディングではアコスティック・ギターに隠れて(?)琴の音が…
ときたかと思えば「ラブ・オブ・マイ・ライフ」が続きます。メチャメチャ泣けるバラード。イントロや曲中のピアノ・ソロなどを聞いてると、クラッシクのピアノ小品と言っても過言ではないくらい。メロディーやコーラスも演奏も含めて「美しい」曲だと思います。後のライブ・ヴァージョンも捨てがたいと思うんだけど^^ゞんで、この曲でのジョンのベースがとても優しい音使いも含めて好きなんですよね^^
デキシーズ・ジャズっぽい「グッド・カンパニー」を挟んで、もちろん締めは「ボヘミアン・ラプソディ」。マジでオペラをロックに取り入れたコト自体、行為として文字通りロックな名曲。当時の常識を破った6分に及ぶシングル曲としてアルバムに先行して発表され、英国チャート1位を獲得。とにかく曲のすごさを語りだしたらキリがありません。

「オペラ座の夜」では、Queen自身の余裕というか、自信というかが感じられるようになりました。アルバム全体の構成から醸し出されるQueen的世界の構成美と1曲ごとの端整な完成美は、力強さが加味された結果ではないかな。個人的には一番最初にQueenに触れた「華麗なるレース」との2枚組みアルバムってな理解でいるんですよね^^

オペラ座の夜
オペラ座の夜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クイーン 『A NIGHT AT THE OPERA』
QUEEN 『A NIGHT AT THE OPERA』 私の中で白色人種系統の中で最も気に入っているヴォーカリストが今日の主役です。残念ながら若くしてエイズによるカリニ肺炎で亡くなったFreddie Mercury(フレディ・マーキュリー 本名はファ& ...続きを見る
ACTIV-A 音楽による脳活性化計画
2006/08/28 23:49
クイーン 6
NO.00518 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2006/10/16 02:51
ギター・ブライアンメイモデル
以前、ブライアンメイモデルについて記事を書き、殆どのギターサウンド を1本のギターで再現できる素晴らしい楽器だなんて絶賛しました。 ...続きを見る
恋愛アドバイスのすべて
2007/02/27 12:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、ボヘミアンラプソディーを聴いてQUEENの事が好きになりました。
このアルバムは名盤ですよー。うんうん。
さかあがり
2006/04/27 10:05
このアルバムは私も好きです。
アナログとMD(CDのコピー)、両方持ってます。
名盤ですね。

2006/04/27 21:48
おはようございます^^さかあがりさん
さかあがりさんの音楽の趣味は、幅広いですねぇ〜^^v

おはようございます^^円さん
私もアナログ(1枚は聴き潰して雑音がひどいので、当時更にもう1枚買いました)とCDもってますよ^^v…DVDはどうしようかなぁ…
shige
2006/04/28 08:30
どうもお久しぶりです〜
クイーンの最高傑作ですね。あれだけバラバラな感じの曲を一定の流れで聞かせるというのはすごいと思います。
ボヘミアンばかり推されるけど、ボヘミアンがなくても、クイーンの中で一番好きなアルバムであり、クイーンらしい演劇要素満載の楽しいアルバムです。ジェネシス、ザ・フーなどのロック・オペラ組からは感じられないクイーンらしさが最もでているので星5つ!!
ベーカー
2006/04/29 12:24
ベーカーさん、こんばんは^^
☆☆☆☆☆ですか^^vわーい(笑)って、私がよろこんでどうする^^ゞ
でも、思い入れとは別に、最高傑作を1枚って言えば、やっぱコレかなぁ〜って私も思います
shige
2006/04/30 23:52
やっぱりオペラ座は名盤ですね〜☆幅が広いというか、縦も横も奥行きもある感じというか…(分かりづらくてすいません)
自分の中で好きな曲をあげるとやっぱりボラプは出てきますし、アルバム単位で考えてもオペラ座は外せません。(クイーンのアルバム3枚順位関係なしにあげるとしたらオペラ座、イニュエンドゥ、ジャズです)
この度ブログをお引っ越ししました。引き続きよろしくお願いしますm(_ _)mhttp://blog.goo.ne.jp/bright-2/
さっこ
2006/05/06 23:30
おはよう^^ さっこさん
>>オペラ座は名盤ですね〜☆幅が広いというか、縦も横も奥行きもある感じというか…イエイエよ〜く分りますよ、だって同じ感覚を感じてますモン(笑)
ブログ、引っ越したんですね、了解です。こちらこそ、よろしく
shige
2006/05/07 05:38
ムーンさん(でイイのかしら?^^ゞ)、ご訪問&TBありがとうございます。
私もブログを書くとき、アルバムを聴きながらというスタイルですが、Queenのアルバムを聴いてる時は、いつも鳥肌ゾワゾワ〜でかいてます(笑)これからも、よろしくお願いします。
shige
2006/08/29 08:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オペラ座の夜」:Queen 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる