「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「クォーター・フラッシュ」:クォーター・フラッシュ

<<   作成日時 : 2006/04/20 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

クォーター・フラッシュは6人組で、中心になってたのがヴォーカルのリンディとギターの旦那さんのロス夫妻(ダンナの名前?…)。1981年にアルバム「クォーター・フラッシュ」でデビュー…当時は「ミッド・ナイト・フラッシュ」って邦題がついてました^^ゞ。バンド名は、確かオーストラリア(?)のことわざからとったってコトですよね。4分の1でも輝くものがあれば…よく覚えていない^^ゞすんません。ご存知の方が居たら、ぜひコメントやTBで教えてください。

もちろんお気に入りは「ミスティ・ハート」。これは邦題で、原題は「Harden My Heart」です。
なんと言ってもイントロのサックスがたまりません。めっちゃ切なげで、メロディアスな曲に絶妙の味わいを与えています。女性ヴォーカル(リンディ)がサックスを吹くってのも当時としては(今も?)斬新だったし、んでそれがピタ!っとはまった曲なもんで、一発でお気に入りにランクイン!しちゃいました。途中のギター・ソロも、早弾きとかではないですが、曲の雰囲気を大事にしたモノになっているとこなんかも○です。

お次は「ファインド・アナザー・フール」。タイト&激し目に仕上がっていて、特に曲の終わりのほうではサックスが吹き乱れ(って表現でいいのか?^^ゞ)ています。これってシングル・カットしたんだっけかなぁ?聴くたびに気に入ってくって点で、「ミスティ・ハート」と同じ匂いを持った曲って言ってしまおう。
他にも「ウィリアムズ・アベニュー」とか「ライト・カインド・オブ・ラブ」など、「ミスティ・ハート」の雰囲気で判断してしまったクォーター・フラッシュのイメージ(…ちょっと暗い雰囲気…)を気持ちよくぶち壊してくれるファンキーな曲もあります。また「クルージング・ウィズ・ザ・デュース」などは、ちょっとコミカルな曲(っていってもいいんじゃないかなぁ)です。
全体としては、とってもいい感じにバラエティに富んだアルバムでした^^v

2枚目のアルバム「テイク・アナザー・ピクチャー」以降、聞かなくなってしまったのでその後の彼女達の活動は全く知らないのですが、この「ミスティ・ハート」はオール・タイム級の名曲だと思います。今日みたいに朝からドシャドシャ雨が降ってる日には、この曲を聴きたくなるんだなぁ…

あ、もっともリード・ヴォーカルを担当しているのはリンディだけではありません。男性ヴォーカルがリードを取った曲が、アルバムにもしっかり2曲入ってます。念のため(笑)。

クォーターフラッシュ
クォーターフラッシュ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、不思議の音楽館です。クォーター・フラッシュの「ミスティ・ハート」はわたしもよく聴きました。サクスフォンがとても印象的な曲でしたね。例によってシングルレコードでしたけど。グループの語源ですが正直なところ色々と調べてみましたがわかりませんでした(ゴメンナサイ)。先日、エイジアの件でTBをいただきましたがTBとコメントの使い方が良く分からないのでこの場を借りましてお礼申し上げます。

 それにしてもエイジアを取り上げていたのは気付きませんでしたねえ。実は、昨年末に書きかけのものがあるのですが完成前ににshigeさんが取り上げていたので現在お蔵入りになってる楽曲が1曲あります。うーん、素材の選択が似ているのでちょっとびっくりですねえ。調理方法はだいがぶ違いますが・・。
不思議の音楽館
2006/04/22 21:19
こんばんは、不思議の音楽館さん^^
素材の選択は確かに通じるものを感じます、スパンダー・バレエは先にやられてしまいましたので(笑)、どんな手を使うか考え中ですよ。
調理法…もなにも、ほとんどいじってないのが私かも?^^ゞ
shige
2006/04/23 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
「クォーター・フラッシュ」:クォーター・フラッシュ 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる