「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラジオ・スターの悲劇」:バグルズ

<<   作成日時 : 2006/05/02 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 12

バングルスという良く似た名前の女性グループと最初はかなりの頻度で間違えるんですよね…でも、曲を聴けば間違えない。史上最強の一発屋です(笑)

もちろん一発屋ってのはバグルズというグループ名での活動だけを指して言ってるモノで、メンバーのトレヴァー・ホーンとジェフリー・ダウンズはその後もメッチャ大活躍してます。
まずは二人してイエスに加入して「ドラマ」を作り上げました。んで、ジェフリーはイエスを脱退してエイジアを結成、トレヴァーはプロデューサーとして大活躍(フランキー・ゴーズ・トゥー・ハリウッドなんかがそうですよね)。「ラジオ・スターの悲劇」は、そんな才能豊かな二人が放った未来先取り型の名曲といえます。

アルバム全体も洒落っ気といいましょうか、ポップないい感じの曲で構成されているのですが、バグルズと言えばアルバムよりも「ラジオ・スターの悲劇」でしょう。それ以外の曲についての紹介は今回は省略^^ゞ…理由は最後の方に

1回聞いただけで確実に記憶に残るゆったり目のイントロのあと、電気処理された声のヴォーカルで曲が始まります。この辺では、間に入る女性コーラスと、ドラム&ベースのリズム・セクションが非常に印象的です。特にベースの音。私もチョコッとベースをいじっていた時期があり^^ゞ、ワリとどの曲を聴いてもベースのラインと音に注意する傾向があるのですが、どういう処理をしていたのかこの音は全然出せません^^ゞ。
サビの「ヴィデオ〜キルドザ、レイディオ・スタ〜」とい女性コーラスは、メロディーの含めて記憶に残りまくり(笑)。スグに口ずさむことになると思います(笑)。男性ヴォーカルの声が最後のリフレインとそのチョット手前のところで「ユ〜ア〜、ザ、レイディオ・スタ〜」と唄う部分以外は全部電気的処理がかけられているためでしょうか、女性コーラスの目立つこと(笑)。でも、この女性コーラスもなにか電気的な処理を施してあります。

ところで、私には「ラジオ・スターの悲劇」にまつわる悲劇があります(笑)&(涙)。
私は人に頼まれればホイホイとCDやDVDを貸してしまうのですが^^ゞ、この「ラジオ・スターの悲劇」が収録されたアルバムを含め、5枚ほどを貸した時の話です。借りた人は、私と共通の知人に又貸ししたんです。そしてそれを今度は全然知らない人に貸し出されて…オイオイ。結局手元に戻るまで1年以上もかかりました、まぁ、それまで知らずに放っておいた私も悪いのですが…。
んで、帰ってきたCDの中で、このバグルズだけ、中身がない!ジャケットもケースもあるのに、肝心のCDが入ってない…未だに行方不明となってます(涙)
たまたま「ラジオ・スターの悲劇」だけは当時編集したテープ(笑)に入っているのですが、他の曲は今は聴けない状態なのです^^ゞ…今回、「ラジオ・スターの悲劇」以外の曲についてなんもコメントしていないのはそのせいなのです。

教訓:借りたものを又貸しされないように注意しましょう…もう1回買いなおすか検討中なんです。
ラジオ・スターの悲劇+3
ラジオ・スターの悲劇+3

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラジオスターの悲劇が気になるオセロ
関西ローカルだそうですが、「気になるオセロ」知ってますか?中島知子と松嶋尚美のオセロの番組です。で、今日はオセロの紹介ではなくて、「気になるオセロ」のエンディング・テーマに使われていた「ラジオスターの悲劇(Video killed the radio star)」の紹介です。 この.. ...続きを見る
Muse on Music.
2006/05/02 21:11
ラジオスターの悲劇「The Buggles」
この曲名、バンド名聞いても「????」となる人結構いるでしょうね。でもこの「BUGGLES」はロックファン、とりわけプレグレッシブ・ロックファンの中では伝説と化しているグループなのです。 ...続きを見る
Wood Eight Cafe
2006/09/13 10:26
Heat of the Moment
10月25日。  ジョン・ウェットン+ジェフリー・ダウンズのライブへ。 日本シリ ...続きを見る
「小林克也のRadioBaka」  期限...
2007/01/10 02:44
『ラジオ・スターの悲劇』 バグルス
      &quot;The Buggles / The Age of Plastic&quot; ...続きを見る
じゅうのblog
2007/08/22 21:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
shigeさんありがとうございます。やはり勉強になりました。ベースの音は全然意識できませんでした。もともと音作りとは無縁なのでなおさら聴き取れないです。貸した物、帰ってこないですよね。しょうがないか(笑)。またよろしくお願いします。
やかやか
2006/05/02 12:20
shigeさん、オヒサです。「ラジオ・スターの悲劇」’86年ごろにヒットしたのでは・・・娘が生まれてよく ラジオで ながれてたので 覚えています。
バグルズですか。いかにも 一発屋ですね。題名と、曲にインパクトがあり 忘れられないですね。
和登さん
2006/05/02 20:40
こんにちはー。うーん、また貸しの悲劇ですね、これは・・・。この曲は楽しい曲ですよね。電気処理された音がほんとうに気持ち良いし、かわいらしい感じもしますね。このアルバムのほかの極にも好きな曲はありますが、やはりこの曲は圧倒的でした。
muse
2006/05/02 21:10
こんばんは^^、やかやかさん
勉強なんていわず、遊びに来てくださいね(笑)…貸したものって返ってこないですね(涙)
shige
2006/05/03 00:35
和登さん、オヒサ^^です
私の中ではナックの「マイ・シャローナ」と並んで「一発屋中の一発屋」二大巨頭です(笑)。とにかくはやりましたよね
なぜか、今うちの娘がお気に入りなんですよ^^ゞ
shige
2006/05/03 00:37
musuさん、こんばんは^^&TBありがとうございます
「また貸しの悲劇」…そんな曲聴きたくもないですよね(笑)電気処理の仕様もなさそうですし(爆
しっかりとしたテクニックと知識にのって洒落っ気タップリってところがただの楽しい曲で終わらないポイントと思ってるのですが、いかがでしょう?
shige
2006/05/03 00:39
「また貸しの悲劇」は、曲想も「ラジオスターの悲劇」のパロディになるんでしょうね・・・(笑)。
「しっかりとしたテクニックと知識にのって洒落っ気タップリ」。そうですね。センスがいいですよね、この曲は。
muse
2006/05/03 11:40
パロディですか^^ゞ…アル・ヤンコビックにでも頼もうかしら(笑)
shige
2006/05/03 18:55
トレヴァー・ホーンはイエスから知ったので、バグルズに所属していたとはしらなんだ〜
イエスでは「ロンリー・ハート」という全米bPの曲をだしているぐらいですから、ヒットメーカーではあるんですよね〜
80年代はポップの名盤が沢山でていますが、これはその中でも上位に入ると思います。
ベーカー
2006/05/03 23:26
「ラジオスターの悲劇」は、MTVの第一曲目を飾り、新しい時代を切り開いた名盤ですね。
後年、YESに合流したのは、トレヴァー・ホーンのキャリアにとっては失敗だっかなぁとは思いますよね。ジョン・アンダーソンと比較されてボロボロにされましたから。
方や、ジェフ・ダウンズは、ASIAでの成功につながりましたが。
命運が分かれたというか・・・
ASIAのライブでの「ラシオスターの悲劇」のピアノソロは、カッコイイですね。

追記
コメント、ありがとうございます。
昨日、今日と長野に行っていました。
戸隠から、いつもの逆方向の日本アルプスを見ましたよ。
紅蓮
2006/05/04 21:49
ベーカーさん、こんにちは
ですよね。80年代の印象深い、忘れられない曲のなかの1曲だとおもいます^^v
shige
2006/05/05 17:15
紅蓮さん、こんにちは^^
そうでしたか、ご覧になりましたか^^、私は去年のG・Wで富山・石川を巡ったんですよ。…ところが立山連峰の記憶が…
shige
2006/05/05 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ラジオ・スターの悲劇」:バグルズ 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる