「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS スリラー:マイケル・ジャクソン

<<   作成日時 : 2006/06/05 08:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

アップが遅れに遅れてたら、マイケル本人が日本に来て…タイミング的にはOKなのかも…なんて、何の救いにも言い訳にもなりませんが^^ゞ。
遂にというか、やっとというか^^ゞ、洋楽の更新はマイケル・ジャクソンで行ってみようと思います。

マイケル・ジャクソンも、最初に取り上げるアルバムを「オフ・ザ・ウォール」にしようか「スリラー」にしようか、本当に迷いました。収録曲の個人的な好みからいえば「オフ・ザ・ウォール」の方なのかもしれませんって自分のことですが(笑)。ただ、学生時代に酔っ払って夜中に道路の真ん中でゾンビ踊りをしていてお巡りさんに怒られたという微笑ましいエピソードを思い出し^^ゞ今回は「スリラー」を取り上げました。

マイケル・ジャクソンは、当初他の兄弟達と一緒にジャクソン5というグループでデビューしたんですよね。当時、私はジャクソン5を見出し、モータウン・レコードに紹介したのはダイアナ・ロスだったと記憶してたのですが、どうやらそれは事実ではないようです。
その後、音楽性の問題やらなんやらでモータウンから移籍。このとき、ジャクソン5というグループ名は使用しないことにされて、ジャクソンズと改名、またジャーメイン・ジャクソンはモータウンの社長の娘と結婚してたので(ってそれが本当の理由かどうかは分りませんが…)ジャクソンズには加わりませんでした。

マイケル・ジャクソンは、ジャクソンズとしての活動に加えソロ活動もしていましたが、クインシー・ジョーンズとの出会いがビッグ・アーティストへの階段を上り始めるきっかけとなりました。「オフ・ザ・ウォール」はマイケルがクインシーをプロデューサーに迎えてリリースしたアルバムでメッチャメチャ最高にノレるアルバムです。
そしてそのコンビで1982年に発表されたのが「スリラー」。まさに音楽史を塗り替えるアルバムの中の1枚となりました。なんてったって全世界で4000万枚以上…現在までに5000万枚を超えた?…を売り上げた、モンスター級のアルバムなんです。また、アルバムからシングル・カットされた7曲(両A面を入れれば8曲)すべてが全米チャートでトップ10入り!!!グラミー賞では8部門で受賞(史上最高)。そしてシングル「スリラー」のビデオ・クリップはジョン・ランデイス監督(ブルース・ブラザースで有名な監督…らしいです^^ゞ)が監督となって制作費80万ドル…イヤハヤ^^ゞ

実際、収録曲もいいですよね。確かに片っ端からシングル・カットされるくらいだから、1曲1曲の完成度は高いのは当然なのですが、アルバムとしても全体の曲構成というか流れが結構決まっていると思います。
「スタート・サムシング」はノリのいいイントロが心地よい軽快な曲。アルバムの1曲目はこれしかないでしょ^^v的な程、マイケルの世界に引き込んでくれます。
「ガール・イズ・マイン」はタイトルどおり(?)に三角関係の曲(笑)。彼女は僕のものだ!と奪い合っているのが、マイケルとポール・マッカートニー。のんびりコンとした雰囲気がなんとも言えず○
で、怒涛の3連発(笑)
「スリラー」は曲の方よりビデオを見たほうが魅力(というか面白さというか)をよりストレートに感じられます。狼男に変身したマイケルが、墓場から出てきたゾンビをバックに従えてダンスを踊る図なんて発想が最高です。
「今夜はビート・イット」ではヴァン・ヘイレンのリード・ギター、エドワード・ヴァン・ヘイレンが参加しています。このギターが死ぬほどカッコイイ^^vハード・ビートな1曲。
ムーン・ウォークが生まれた「ビリー・ジーン」に、軽めのバラード「ヒューマン・ネイチャー」がつないで、お次が「P.Y.T」。マイケルでなければ出来ないよなぁ〜って思わせる小粋なって言葉がピッタリのファンキーでしゃれた曲^^v
こうやって聞き返して、書き並べていくと、よくもまぁこんなスゴイアルバムを作れたもんだって改めて思います。

最近(ってか、ずっとかな^^ゞ)、音楽とは別の話題でしかTVに登場してなかった気がします。そんなマイケルしか知らない皆さんに、ミュージッシャンとして、アーティストとしてのマイケルを知って欲しいなぁ〜って心から思います。最近の話題でマイケルに?印を感じてる皆さん、このアルバムを聴いていないなら、今すぐ手にして聴いてくださ〜い。

スリラー
スリラー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Michael Jacson / Thriller(スリラー)
今では色物、ゲテモノ扱いされているマイケル・ジャクソンですがやはりこの「スリラー」を無視して80年代のミュージックシーンを語らない訳にはいかないでしょう。それだけ当時はセンセーショナルなアルバムで全世界を熱中させたのですから。 アルバム収録曲9曲中7曲がシングルカットされ、いずれもビルボートチャート上位を占め、またグラミー賞で最優秀アルバム以下8部門を独占。全世界で4,600万枚を越える売り上げを誇る、ギネス公認のまさにモンスター・アルバムだったのです。 ...続きを見る
Wood Eight Cafe
2006/09/08 00:41
ペプシ US.CM
マイケル ...続きを見る
ドロップシッピング&ミュージック
2006/09/24 08:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
マイケルは80’のビッグネームですからね。
今や、子供たちの間では、お笑い芸人の「マイケル」の方がメジャーになってしまいましたが・笑
紅蓮
2006/06/09 22:45
…フッ、マイケルが今もCDをリリースしているとは…(汗)。
スミマセン、あのぉ、デュランデュランが復活していた時と、同じ様な驚き中デス(苦笑)。
最近はホント、音楽ネタ以外でのTV報道ばかりなので、もはや音楽活動はしていないのかとばかり…。
ちゃんと聴いた事が無いので、このアルバムから聴いてみようと思いマス♪
ひい
2006/06/10 05:01
ご無沙汰続きで申し訳ありません(ペコ)m(__)m(リン)
こんにちは、紅蓮さん^^
家の娘もマイケルといえば、1枚2枚3マイケルですわ^^ゞ
こんにちは、ひいさん^^
そうなんですよね、特に最近はマイケルの曲をジックリ聴くことって私もありませんでした^^ゞ。ぜひ、このアルバムから聴きなおしてみてください、感想もまってます^^v
shige
2006/06/12 08:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
スリラー:マイケル・ジャクソン 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる