「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「孤独な影」:ジャパン

<<   作成日時 : 2006/08/12 13:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久々に洋楽の話です。
しっかし、真夏の暑さ真っ盛りなこの時期の選曲としてはいかがなものか?と正直自分でも思います。ハイ^^ゞでも、まぁ、いつかは書きたいなぁ〜っと思っていたし、ブランク明けの一発目としては、面白いかなぁ〜と思って取り上げました。ハイ、今回はジャパンです。

78年に発表されたアルバム「果てしなき反抗」でデビューしたジャパンは、デヴィッド・シルヴィアンを中心にリチャード・バルビエリ、ミック・カーン、シティーブ・ジャンセン、ロブ・ディーンの5人組。デビュー当初は、パンク全盛の音楽シーンにあって、全然売れなかったんですよね…但し日本では、デビュー前から異常に人気が盛り上がっていて、そこそこ売れたようですが。

79年にロキシー・ミュージックを手がけたプロデューサーのジョン・パンターを迎えて製作された「クワイエット・ライフ」でジャパンの音楽性が定まったって感じで、このアルバムを真のジャパンのファースト・アルバムとも呼ぶようです。そして、ヴァージン・レコードに移籍して発表されたのが、「孤独の影」。「クワイエット・ライフ」で確立した音楽性を、より深化させた感じでしょうか。

ワリと意外に感じるのですが、ジャパンはアフリカン・ビートを結構取り入れているんですよね。シンセサイザーをかなり取り入れ、耽美的な雰囲気をグングン盛り上げる一方で、非常にポップでダンサンブル。ベクトルの方向が一見正反対に見える要素をしっかり溶け込ませて仕上げたのが、このアルバムで見せたジャパンの音楽なんです。個人的には、フレットレス・ベースって面白いなぁ〜って初めて実感させられてのは、このアルバムだったかも^^ゞ。
ただ、このアルバムを聞けば、バンドにおけるギタリストの存在意義の希薄さは、ちょっと行っちゃったなぁ〜って感じです。このアルバム発表後、ロブ・ディーンが脱退してしまったのも、無理ないよなぁ〜って素直に思います。
その一方で、このアルバムには坂本龍一が参加しています(テイキング・アイランズ・イン・アフリカ)。結構独特な曲ですが、耳になじみやすく、なるほど〜っと深くうなずいてしまう曲です。

さて、私のお気に入りですが、なんと言っても1曲目の「孤独な影」。個人的にはジャパンの楽曲の中でベストな曲と思っています。メッチャくちゃエレガントに仕上がっていますが、ビートはしっかりアフリカン。デビッドのヴォーカルがもっともに合う曲だと断言しちゃいます。アルバム・ジャケットみたいな嵐のような雨風の夜に聞くと、ゾワゾワ〜って来ちゃうかも知れないので、注意してくださいね。
「スウィング」。ジャパンのメンバー(特にデビッド・シルビアン)から、「リラックスして、スウィングしてごらん」って言われても、「その前にキミタチこそリラックスして、スウィングしなさい!」ってな突っ込みを入れたくなってしまいますよね(笑)。あれ?曲の紹介になってないかな?^^ゞ
「マイ・ニュー・カリアー」は、音楽的にはこのアルバム中心的な曲かも。って、聞かなきゃ通じないのが悲しいですが…「孤独な影」についで好きです。
「メソッズ・オブ・ダンス」。タイトル通りのダンサンブルな曲。それにしてもギター・ソロがあるのがこれ1曲だけってのは、どうなの?

ジャパンのアルバム・ジャケットを見れば一目瞭然なんですが、常にデビッド・シルビアンなんですよね。結局、ジャパン=デビッドってコトなんでしょうか。
私は音楽性の面では、結構お気に入りなジャパンですが、彼の詞が…なんていましょうか、自己陶酔?現実逃避?チョット読んでて辛いなぁ〜って思うときがやっぱありますね。心の健康状態が良好な時に聞いたほうがいいかもしれません。



孤独な影
孤独な影

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
JAPANというと、私が思い出すのはミック・カーンのまっかっかな髪です。
なぜか、クワイエット・ライフのシングルを持ってます。デビッドの顔とあまりにもアンマッチな声に「うっ」となった思い出があります。
でも、けっこう好きですけどね。
坂本龍一のこと「教授」とか呼んで心酔してたようですね。
あるロック雑誌のギャグマンガでよくネタにされてました。
少佐
2006/10/08 21:22
ミックは、カニ歩き(?)で有名でしたよね(笑)。髪を下ろしているときとオールバックにしているときの差が結構気にいってました…ん?文章が変な気がするが…
デビッドの声は初めて聴くときに見かけからイメージする声と本当に違う!っと感じます。まぁ、慣れるとJapanの曲にあってるのはあの声だなぁとも思いますね。

ゼヒ、お気軽においでください(ペコ)m(__)m(リン)
shige
2006/10/08 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「孤独な影」:ジャパン 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる