「Shige Land」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラン・ラン・アウェイ」:スレイド

<<   作成日時 : 2006/09/07 09:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

日本では殆どチャートを賑わせたことのない(ですよね^^ゞ)にもかかわらず、本国UKでは、絶大な人気を誇った(今でも国民的な人気を誇っている)バンドがスレイドです。

1969年にデビューした当時は、散々な結果だったそうで、1970年にスレイドとして再デビュー。当時のグラム・ロックの波に乗り、大ヒットを連発!70年代前半に限っては、UKチャート1位を獲得したシングルが6枚…アルバムも3枚。ね、スゴイでしょ^^v

でも、1974年以降、グラム・ロックの波がしぼむと共にスレイドの人気も下降線を辿り、暫くチャートから姿を消していたんですね。つまり、私自身が洋楽を聞き始め、Queenに嵌って洋楽にのめりこんだ時期(ちなみにQueenの「愛にすべてを」が日本で発売されたのが1976年ですから…)は、スレイドがチャートに上ってこない時期になってからだったんです^^ゞ。当時、洋楽の最新情報を仕入れるとしたら、雑誌かラジオのチャート番組。彼らとの出会うには、もう暫く時間が必要でした。

1983年にクワイエット・ライオットが「カモン・フィールズ・ザ・ノイズ」を大ヒットさせます。コレが非常にイイ感じ!なハード・ロック・ナンバーなんですが、カバー曲。オリジナルは…そう、スレイドだったんです。ここで初めてスレイドというバンド名を耳にしたんですが、グラム・ロック・バンドと言うカテゴライズにチョットひいてしまって(笑)、結局置き忘れたままになっていました。
で、「ベスト・ヒット・USA」と言う番組で、遂にスレイドの曲と接近遭遇を果たします。その曲が「ラン・ラン・アウェイ」。…実はこの間もスレイド自身は普通に活動を継続していたようです。たまたまクワイエット・ライオットがカバー曲をヒットさせたおかげで注目された時に、タイミングよくニュー・アルバムが出たってコトだったようですが…

初めて見たPVでは…なんだ、このおっさん達は(失礼^^ゞ)ってな印象でした(笑)。ヴォーカル(ノディ・ホルダー)はダミ声なハイトーン、んで格好は山高帽にタータンチェックのズボン…コミック・バンドなの?
ギターも(デイブ・ヒル)そんな格好でってなくらい変な髪形だし(笑)…本当にコミック・バンドでしょ?
チビマル子ちゃんの「踊るポンポコリン」を「ピ〜ヒャラ、ピ〜ヒャラ」って唄ったら似合いそうな感じなんですよ。

でも「ラン・ラン・アウェイ」は、メッチャいい感じのハード・ロック。ギターのイントロからノリノリになっちゃいます。途中にバグ・パイプが入ったりするところが、UKの国民的バンドたる所以なのでしょうか。続けて「マイ・オー・マイ」までヒットしちゃいました。

…でも、日本ではそんなに盛り上がらなかったんですよねぇ〜。私も当時はアルバムを購入しませんでしたし^^ゞ。でも、今私は、メッチャ聴きたいバンドの一つがスレイドなんです。なので、お薦めというよりは、私が買います!ってんで「グレイテスト・ヒッツ」、自分のブログからアマゾンに注文しちゃおうかなぁ(笑)

グレイテスト・ヒッツ〜フィール
グレイテスト・ヒッツ〜フィール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は shigeさん スレイド、たしかCD持ってたはずですが 行方不明。また 探しだして聴いてみます。ストレートな ロックンロールってかんじでしたよね。
和登さん
2006/09/07 20:04
こんばんわ^^ 和登さん
…え!、持ってたんですか?スレイド…(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ- すっばらしい^^v。和登さんの音楽趣味は中々侮れませんねぇ〜(笑)
shige
2006/09/08 01:08
毎度。スレイドですかあ。うーむ・・ちょーど「カム・オン」で作文中なのですが・・・。「ラン・ラン・アウェイ」といえば異常に長いイントロと収録されていたアルバム「カミカゼ・インドローム」のジャケット写真が小林克也似だった(しかも合掌)という意味不明な印象がありますが違ってたかな?
不思議の音楽館
2006/09/09 14:30
こんにちわ^^ 不思議の音楽館さん
そのネタは、残念ながらしりませんでした。記事にも書きましたが、何故かあの当時スレイドには食指が動かなかったんですよね^^ゞ
ネットで調べて、分るのかな?…小林克也似(想像中)…(笑)
shige
2006/09/10 11:21
今晩は shigeさん。スレイド見つかりました。しょっぱなから 「カモン・フィールズ・ザ・ノイズ」です。他も ロックン・ロールしてました。「ラン・ラン・アウェイ」は 入ってなかった(;^_^A
和登さん
2006/09/12 23:20
おはようございます、和登さん
見つかりましたか^^v、よかったです〜。
いい感じのロックン・ロールしてますよね、スレイド。
いいなぁ…( ̄。 ̄ )ボソ
shige
2006/09/13 08:03
「グラムロック版のレッド・ツェッペリン」と僕の友達は呼んで
ましたね〜
骨太なロックンロールって感じで、なんだか恐竜(ティーレックスでは
ないけど)のようなパワーを感じました!


ベーカー
2006/09/19 20:16
ベーカーさん、コメントありがとうございます。
なるほどぉ〜。友達のコメントに深くうなずいちゃいます(笑)。
音は本当に骨太なんですよね、見た目では想像もつかないくらい^^
shige
2006/09/19 23:51
TBありがとうございますm(__)mこういったバンドも必要ですよね。こんなバンドがヒットを飛ばしてた当時は フトコロが深かったんですよね〜〜。
まり
2007/02/19 17:01
まりさん、こんにちは^^
>こんなバンドがヒットを飛ばしてた当時は フトコロが深かったんですよね〜〜。
ですね、演奏する側も聴く側も音楽に対してだけでなく心にゆとりのあった社会だったのかもしれません。
shige
2007/02/20 08:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ラン・ラン・アウェイ」:スレイド 「Shige Land」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる